【原神】雷主人公がかなり良い性能な件

原神

どうも、け。です。

とうとうカッコ可愛い主人公の時代が来たかもしれない。

雷主人公がかなりいい感じなので所感を書いていきます。

 

雷主人公がかなり良い性能な件

名前、プレイヤー名にするのやめてくれ。

という愚痴はさておき、雷主人公の所感ですが、サポーターですね。

アタッカーもやれなくはないんでしょうが、サポーターとして運用するのがとてつもなく無難です。

元素エネルギーを味方に配布できる

天賦レベルを上げられていないので火力に関しては何とも言えませんが、元素スキルと元素爆発で味方に元素エネルギーを配布できるのがとても優秀ですね。

 

元素スキルは敵に攻撃を当てると勾玉を2つ生成(1凸で3つ生成)します。

勾玉1個につき3の元素エネルギー…1凸最大で9回復しつつ、6秒間元素チャージ効率20%アップします。

雷主人公の元素スキルで「勾玉」を発生させて、行秋で「勾玉」を回収しながら行秋の元素スキルを敵に撃つとものっそい元素エネルギー溜まります。

 

元素爆発はアタッカーで攻撃を開始するときに発動するのがおすすめです。

通常攻撃・重撃に合わせて雷元素追加ダメージを発生させながら0.5秒ごとに0.8のエネルギー…つまり殴り続ける前提の話であれば19.2の元素エネルギーを回復できます。強い。

 

反面、雷元素の手数が元素爆発に依存して、元素爆発も持続12秒クールタイム20秒なので感電要員としては雷主人公単独ではちょっと微妙です。

一方で、超電導用としては十分です。

そのため、北斗や刻晴の元素エネルギー補佐として雷主人公を組み込むか、エウルアのような氷元素物理アタッカーと組むのが個人的におすすめです。

あとは単純に元素エネルギー回収が苦手なノエルのようなキャラクターのサポート要員として良さそう…かも。

 

装備は元素チャージ効率特化がいいかも?

固有天賦で主人公の元素チャージ効率の10%を元素チャージ効率アップバフに変換するのがあるので、元素チャージ効率特化がいいかもしれません。

元素チャージ効率を盛った上で、攻撃力を確保するか元素熟知を確保するかになるかもしれません。

元素スキルがダメージソースとして結構微妙…な気がするので、ダメージに期待するなら元素爆発になりそうです。

となると、「絶縁の旗印」が適性聖遺物になりそうですね。

ただ、元素爆発も北斗と比べるとさすがに見劣りしますね…。同じ80族ですが、あちらは跳弾しますし、持続15秒です。単体に対してはちょっと主人公優位かもしれませんけど。

武器は西風か祭礼だと思います。

祭礼は行秋のものなので、個人的には西風がいいかなって思います。

元素スキルで会心が出れば、勾玉受け取るキャラクターに無色粒子を配布できていい感じになりそうです。

 

行秋の装備をかなり攻撃寄りにできそう

今のところこんな感じで遊んでます。

主人公の元素スキルでかなり元素チャージ効率を確保できるため、行秋の装備をかなり攻撃寄りにしても元素爆発のループができます。

刻晴も単独だと元素爆発ループがちょっとしづらいので、結構いい感じに感じてます。

ただ、雷主人公の部分を北斗やフィッシュルでも何ら問題はないです。

今までの主人公の風と岩が使いづらすぎたので、「主人公使いたい!」って人にとってはかなり嬉しい追加要素ですが、主人公にあまり興味がない人にとってはぶっちゃけスルーしても問題ないと思います。

命ノ星座がかなり強いように感じるので、完凸目指して探索頑張ります。(白目)

コメント

  1. 匿名 より:

    白影ノエルに元素エネルギー渡せるのがいい感じでした!
    爆発で元素チャージ更に加速するので相性良好だと思います

    あとかわいいです

    • け。(しゃかもと) より:

      コメントありがとうございます!
      ノエルやっぱり相性良いですか!
      主人公が可愛くて始めたゲームなので、ようやくちゃんと育成始められそうで嬉しいです。

  2. 匿名 より:

    結構サポーター特化してて優秀ですよね。ただ、元素スキルで生み出せる粒子が少ないのが気になりました。
    落下攻撃にも反応するなら魈のベストパートナーになれた気がします。

    • け。(しゃかもと) より:

      コメントありがとうございます!
      元素粒子自体は1個としょっぱいので、主人公自身のの元素爆発を回すのには工夫がいりそうですね。
      ショウみたいに爆発中に粒子生み出せないキャラにとってかなり良い性能だと思います。
      レザーの相棒としても良さそうと妄想してるところです。

  • コメント送信後、コメント一覧に反映されるまで時間がかかる場合があります。