【原神】凝光の個人的な評価(12/12更新)

どうも、け。です。

お金持ちのお姉さんは大好きです。

凝光について個人的な解説していきます。

2人目のアタッカーとして育てたので、クレーとの比較した主観マシマシの記事となっております。

ゲームの進み具合によって考え方は変わってくると思うので、その都度加筆・修正していきます。

(現在世界ランク7、4凸)

※12月12日 凝光のサポート役として鍾離について加筆

 

凝光の個人的な評価

武器:法器 元素:岩 星:4

障害物を設置し敵の遠距離攻撃を防ぎながら、中・遠距離から一方的に攻撃ができるアタッカーです。

「岩元素」である都合、元素反応によるダメージアップが狙えません。しかし、スキルの倍率が高めに設定されていることから元素反応なしでも火力を出すことが可能です。

ただし、ステータス、天賦がそのまま火力に直結するため、中途半端な育成だとたいした強さを得られません。

どちらかというと対単体が得意で、攻撃が分散してしまう都合、集団戦は火力が落ちます。

 

スキルの評価

通常攻撃

岩元素による攻撃。敵に命中時、「星璇」を獲得します。

岩元素なので、鉱石・岩シールドの破壊が得意です。

1凸で範囲化します。

重撃

岩元素による攻撃。おそらく単体にしか当たりません。

通常攻撃で「星璇」を獲得している場合、スタミナを消費せず、溜めている分の「星璇」を敵に向けて放ちます。

重撃の純粋な倍率は全キャラトップで、「星璇」も飛んでいくため火力は高いですが、他法器キャラのように複数に当たらない点に注意。

元素スキル

前方にバリアを生成し、ダメージを与えます。

バリアは遠距離攻撃を防いでくれるので耐久面に貢献してくれるだけでなく、キャラクターがバリアを通り抜けたときに岩元素ダメージ12%アップの付与をしてくれます。

一手間かかりますが、優秀なバフです。

クールタイムが12秒と長めですが、2凸で改善されます。(実質6秒)

元素爆発

宝石6連射。元素スキルが近くにあるとき、元素スキルを破壊して+6?連射。

発動に必要な元素エネルギーが40と少なめで、クールタイム12秒。発動は容易で、重撃による「星璇」放出と合わせて凝光の主力技です。

合計ダメージが凄まじい一方、複数体いるときは分散してしまうので火力が落ちます。

 

法器キャラの中では耐久面が優秀

元素反応による「結晶化」でバリアを取得できます。拾わなければならないという一手間がありますが、耐久面で貢献してくれます。

また、元素スキルも上手く使うと遠距離攻撃を防ぐことができるので便利です。岩主人公のように邪魔しませんしね。

遠距離から一方的に敵を攻撃できるほか、軽い敵なら浮かせてはめることもできるので脳死プレイが可能です。

あまりにも脆いクレーと比べると使いやすすぎて真顔になるレベル。

 

対集団が苦手

ほとんどの攻撃が単体向けであるため、どうしても対集団は苦手です。

もし、凝光をパーティに入れる場合、範囲攻撃が得意なサポーターを入れると噛み合うと思います。

一例としてはノエルや香菱でしょうか。→鍾離も集団に火力を出せる隕石落としてすぐに凝光に変えられるのでいい感じです。

ノエルは元素爆発は凝光の苦手とする対集団向きである点も噛み合います。

岩の元素共鳴も優秀ですが、一方で属性対応が難しくなる点には注意です。

もしくはウェンティやスクロースなど対多数が得意なキャラに一掃してもらうのもありだと思います。こちらも岩と風で元素反応が起こせない都合、属性対応が難しくなります。

まあ残り2枠でなんとかできなくもないですけどね。

 

2凸がかなり重要

無凸でも運用方法はほぼ変わりませんが、2凸効果がなかなかにぶっ壊れてます。

元素スキルが破壊されたとき、元素スキルのクールタイムをリセットするというもので、これは元素爆発による元素スキルの破壊でも適用されます。馬鹿。

元素スキルの回転率が非常に良くなるということは単純な火力アップだけでなく、元素爆発の発動を早める効果もあります。

可能であれば2凸を目指しましょう。

 

元素反応でダメージアップを狙えない

凝光はクレーのように蒸発・溶解によるダメージ増幅、過負荷による固定ダメージで手数を稼ぐことができません。

また、「翠緑の影」4セットによる拡散反応のデバフももらえません。

凝光の火力を上げるには凝光のステータスを上げるか、モナの元素爆発のようなデバフが必要となります。モナ持ってませんけど。ください。

要するにあの男の出番というわけです。

凝光はほとんど動かずに敵をなぶり殺すことも可能なため、ベネットの元素爆発と相性がいい…というかまじで脳死プレイも可能です。なんなのこいつら。

→元素反応によるダメージを狙えないことからベネット+シャンリンなどで炎共鳴を狙うのも悪くはないです。

 

もしくは、完凸フィッシュルや行秋のような通常攻撃で追撃が起こせるスキルを持っているキャラでダメージを底上げするのもありだと思います。

行秋育ててますが、モラが足らなくて躓いてます。→レベル70突破まで育てました。特別相性がいいとは思いませんが、行秋の火力が高く、凝光の攻撃と噛み合います。また、行秋のダメージ軽減がバリアがにも適用されるため、バリア維持にも貢献してくれます。

フィッシュルとの相性はまあまあいいですね。(フィッシュルと相性悪いキャラってなんだよって話ではありますが)

 

鍾離もダメージ底上げとしてかなりいい仕事をしてくれます。

元素スキルによる継続的な元素オーブの供給をしてくれますし、クールタイムの短いバリアによる岩共鳴の発動が狙えます。

ノエルと比べると回復能力はありませんが、そもそも鍾離からバリアが安定供給されている状況で中・遠距離アタッカーの凝光がダメージを受ける機会が少ないです。

瞬間的に火力を出すことが得意であるため、凝光をアタッカー運用する場合、現状で最も適した岩元素サポーターです。凝光、1人で完結しているためキャラチェンジする必要まじでないので。

鍾離についてはかなり荒れた評価になっていますが、凝光のサポーターとしてはとても優秀です。

 

 

クレーと比べて使いやすい反面、特化には向いていない

凝光を育てて、「クレーってピーキーの極みなんだな」と再認識しました。

凝光、あまりにも使いやすい。

「岩」ということもあって、敵をほぼ選ばない、普段使いも岩ヒルチャールや岩盾ヒルチャールの盾・シールドの破壊ができる、鉱石の破壊ができる……木盾が若干面倒なこと以外はクレーとほぼ変わりません。むしろ普段使いとしてはクレーよりずっと優秀です。

一方で、攻撃が単体向きであること、元素反応でダメージを起こせないなど都合、対集団戦や特化パーティを組んだ場合の火力はクレーに劣ります

裏を返せば、「特化しなくとも雑に強い」というのが凝光の強みであり、ベネット、フィッシュル、スクロース、ウェンティ、行秋、香菱など優秀なサポーターたちを凝光に引率してもらうだけでパーティが完成するのが強みです。

凝光って2人目のアタッカーとしてどうなのかなという記事を書きましたが、アタッカーを引くまでに苦労したせいでサポーターが飽和している僕の手持ち的に、凝光というキャラクターを育成したのは成功だったと思います。

 

凝光の武器・聖遺物

とりあえずクレーと紀行の武器を使い回してます。

凝光は「元素熟知」がダメージに直結しないため、他の法器キャラと比べて武器選びに悩みます。

紀行武器が取れるなら最優先でいいと思います。

 

聖遺物は「悠久の磐岩」2セットまでは確定だと思います。

火力を出すキャラなので、攻撃%・岩元素ダメージバフ・会心率or会心ダメの構成で問題ないです。

「悠久」以外の残り3枠については「旧貴族のしつけ」2セット(元素爆発ダメージアップ)、「剣闘士のフィナーレ」2セット(攻撃力18%アップ)が候補に挙がります。

もし、フィッシュルや行秋、香菱のような裏で火力を出すサポーターを採用している場合、「悠久の磐岩」4セットもありなような気がしますが、

試せてないので読み流していただけると助かります。

「逆飛び」4セットもなしではないですが、元素スキルと元素爆発を捨てて通常攻撃・重撃特化するキャラではないかな…と思います。好みによりそう。→凝光+鍾離でやるならなしではないですが、僕の好みではなかったです。

「大地を流浪する楽団」は元素熟知が意味ない点や、重撃だけに特化する必要がないことからおすすめしません。

 

単体に対して雑に強い優秀なアタッカー

敵やパーティ構成を選ぶことなく安定して火力を叩き出す優秀なアタッカーです。

クレーというアタッカーを育てたあとでも「凝光強い」と思えるくらいには強いです。

アタッカーに困っていて、サポーターが飽和している方、ぜひ育ててみてください。

仮に、すでにアタッカーを持っていたとしても、「2人目」としてもかなりおすすめできます。

しいて悩みがあると言えば、法器が足らない…次の紀行も法器取ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました