【マリオオデッセイ】64以来の3Dマリオをプレイ!

最近、老いを感じます。け。です。

小学生のころに「64」が発売された世代ですが、スーパーマリオ64をプレイしたのはハタチくらいのときだったりします。

題名で3Dマリオと銘打っておりますが、2Dもやったことないんですけどね。

昔流行った「MASAO(正男)」というフラッシュゲームならやりました!

僕の寂しい過去はおいといて、

スッパマリオゥオデッセェェイ(裏声)やっていこうと思います!

スポンサーリンク

2人プレイできる3Dマリオ

「スーパーマリオオデッセイ」には新キャラの帽子、キャッピーが登場します。

新キャラとか言われても…うち…わからんけども…

マリオは帽子をなんかこうブーメランみたいにしながら戦うのですが、

この帽子を2人目のプレイヤーが操作することもできます。

しかも、雑魚敵・中ボスくらいなら攻撃が効く優秀っぷり。もはや本体。

なので、2人プレイだとかなり難易度が下がりますね。

ただ、2人プレイだと一部コンテンツがプレイできません。

またスナップショットモードは2人プレイでは利用できないっぽいです。

利用した場合、1人プレイに切り替える必要があります。

マリオをゲームに慣れた人が操作してキャッピーをゲームが不慣れな人が操作するでもいいですし、その逆でも楽しめると思います。

ちなみに当方は僕がマリオ、みかるくがキャッピーをぐりぐり動かして遊んでます。

「2人プレイならルイージとかヨッシーが良かったなあ」というのが個人的な不満点ではありましたが、やっているうちにキャッピーもいいやつだなって思うようになりました。

パックンフラワーに食べられてるときとか最高です!

ゼル伝+カービィ的なゲーム

特定の敵やオブジェクトに帽子を被せることで乗っ取れる「キャプチャー」も魅力の一つです。

キャプチャーを使わないと攻略できないところもあり、乗っ取った敵に固有の能力があります。

ちょっとカービィっぽいですね。

また、ギミックや謎解き(?)の要素も多くあって、例えば…

キラーにキャプチャーして奥に進むのが正規ルートなのですが、流れる壁に乗っていると

「隠し部屋」にたどり着けます。

ゼル伝好きのみかるくが「おお、ゼルダっぽい」とご機嫌だったので、ゼル伝好きな人の楽しめるゲームだと思います。

「隠し部屋」は分かりやすいものもあれば、非常に分かりにくいのもあるので、探索するときは右側のスティックをぐりぐりして辺りを見渡すと良いかもしれません。

グラフィックが綺麗

「おにぎりの米粒一つ一つにポリゴンが」というほどではないと思いますが、「うおー!」ってテンションが上がるくらい景色が良いです。

探索しているだけでも結構楽しいですね。

スナップショットモードで自由に角度も変えられるので、「映え」を狙ってみてもいいかもしれません。

急に2Dマリオになるのも面白い要素だな~って思います。

ちなみに2Dになるとキャッピーが動けなくなるので、みかるくが暇そう……でもないといいのですが。

オープンワールド形式

ストーリーを進めると自由に色々な国に行けるようになります。

それぞれの国に固有のコインとパワームーンがある感じです。

パワームーンの数も半端なく、場所によっては100近くあるみたいです。

しかし、「探索」も楽しむための要素の一つなので、攻略サイトを見てしまうとすぐに発見できてしまう面もあって、楽しさが半減するかもしれません。

どうしても取れないときだけにした方が良いと思います。

すごく楽しめそう

ふらふらと探索するだけでも楽しいです。

難易度は「中」程度かなって思います。(今のところ)

死んでもコインが10枚減るだけなので、ゲーム下手な僕でも何度も挑戦すればクリアできそうな感じがします。

頑張ってピーチ姫救出してきます!

スポンサーリンク