【TOS】個人的に試してみたR9ビルド(アーチャー)

どうも、「け」です。

ビルドリセット期間お疲れ様です。

僕は迷走に迷走を重ね、最終日にリセットに失敗しかけました。(何とかまとまりましたけど)

久々のTOSということもあり知らないことが多すぎたのと、今までやったことのなかった「ウィザード」に手を出してしまったのが敗因です。

リスのおしりに手を出す啓示者ちゃんの図

さて、あまり多くはないですが、僕が試してみたR9ビルドを簡単に紹介していきます。

今後、アップデートでクラス・スキル改変が多くあるようなので、日付の確認にはご注意を。(現在:2018年1月上旬)

バレットマーカービルド

バレットマーカーについてざっくり解説しているのはこちらになります。

範囲攻撃と単体攻撃を合わせ持つクラスで、操作がしやすいです。

反面、どちらかに特化したクラスには劣るので、万能型とも器用貧乏とも言えます。

多少AOE(広域攻撃比率)を装備で補えば「R.I.P.」が範囲攻撃として使いやすくなり、特性代もほぼバレットマーカーだけで済むので、ライトユーザーが気軽にソロをするには良いクラスだと感じました。

「ダブルガンスタンス」の通常攻撃強化と、クォレルシューターの「ランニングショット」がシナジーがあるため、クォレルシューターC3を軸にしたビルドが多い印象がありますが、必須というわけではないと思います。

主力スキルである「R.I.P」や「ブラッディオーバードライブ」がダブルガンスタイルを使うため、シュヴァルツライターC3やローグC3の就職先としては微妙。(騎乗不可・武器変更すると効果が消えるなどの理由)

アーチャーC1クォレルシューターC3フレッチャーC3バレットマーカーC2

元々、メルゲンビルドをやっていたときに、クォレル+フレッチャーという形でやっていたので、それをそのままバレットマーカーに適用した形。

率直な感想としては、「フレッチャーいらない」。

というのも、バレットマーカーでほぼほぼスキルが回せてしまい、フレッチャーで使うのは「マジックアロー」だけ。

バレットマーカービルドの場合、下位ランクのクラスの履修は「持続型のスキル」か「バフスキル」のどちらかがいいかな、と感じました。

加えて、武器の強化が「銃」(→バレットマーカー)と「弩」(→フレッチャー)の両方が必要ということ。

ライトユーザーには複数の武器の用意がきついです。

アーチャーC2クォレルシューターC3スカウトC1ローグC1バレットマーカーC2

最終的に、これに決まりました。

アーチャーC2とローグC1でクリティカルバフを回収、クエスト消化用のクローキングと集敵用のフルフルを求めてのスカウトC1となります。

火力を求めるなら、スカウトC1部分を「アプレイサー」にした方がいいと思います……が、隠しクラスのため、前提となるクエストが非常に大変です。(ビルドリセット期間中にできませんでした)

以前書いた記事ではアーチャーがC1でローグがC2でしたが、それだと少しクリティカルが足らなく感じ、ローグを削ってアーチャーを伸ばした形に。

ローグC2のラクリメーターが非常に便利だったので、切るかどうかかなり迷いました。

操作がしやすく気に入っているビルドです。

ファルコナービルド

唐突に「鷹やりたい」と感じて、最終日目前に滑り込みで試してみたビルドです。

ファルコナーは敵の広域防御比率を0にする(=自分の広域攻撃比率を無限にする)「サークルリング」、敵の当たり判定を広げる「エイミング」、鷹の自動攻撃の「ファーストストライク」が特徴的。

……ですが、かなり改善されたとはいえバグが多く、鷹の攻撃も転職3つ消費する割に貧弱。

先のアップデートで鷹本体がゴリラ火力になるらしいので、そこから本領発揮といった印象を受けました。

現状は、「サークルリング」と「エイミング」によるPT支援がメインになりそうです。

下位クラスとして人気なのはサッパーC3ですが、僕はクォレルC3を軸にしました。

武器を選ばないので、どのクラスとも組合せやすいが、ファルコナースキルに影響するのはメイン武器の方という点には注意。

アーチャーC1クォレルシューターC3ローグC1ファルコナーC3バレットマーカーC1

「鷹バレが強い!」と聞いたので最終日2日前にやってみました。

ぶっちゃけ、ファルコナーとバレットマーカーに何のシナジーも感じませんでした。

「サークルリング」で「R.I.P」の巻き込める敵が増えるくらいです。

「エイミング」により敵の当たり範囲を広げ、「サークルリング」の広域化特性でバレットマーカーの「ブラッディオーバードライブ」が超強くなる! ……と聞いていたのですが、バレットマーカーC2のブラッディ―オーバードライブの跳弾特性の足元に及ばないヒット数。

どうして今現在「鷹バレ」が持ち上げられているのか首を傾げました。(個人的な話だよ!)

武器を強くすれば……と言っても、このビルドも「弩」(→ファルコナー)と「銃」(バレットマーカー)の両方を強化しなければならないんですよね。

ライトユーザー向きではないのかもしれません。

アーチャーC1クォレルシューターC3ローグC1ファルコナーC3メルゲンC1

バレットマーカーではなく、メルゲンで締めた形。最終的にこの形に。

メルゲンスキルの「アローレイン」と「エイミング」、「トリプルアロー」と「サークルリング」の相性がすさまじく、両クラスに強いシナジーを感じます

当てにくかった「スプレッドショット」もエイミングのおかげで当たりやすくなり、手軽な火力スキルとして良い感じです。

両手弓を持っていなかったので、マーケットで買った適当な武器で戦っていましたが、「悪くない」とすぐに思ったほど。

ただ、現状で言えばやはりファルコナー部分の火力が貧弱であること、集団に対してサークルリングにホーミングアローを打ち込むと、過負荷によりチャンネルが落ちるという致命的なバグで主力スキルの1つを潰されていることが足を引っ張っています。

また、確かに「トリプルアロー」と「サークルリング」のコンボは強力なのですが、敵がそれなりに密集していないとあまり効果がなく、どちらかというとPT向き。(僕はソロ思考)

あと、メルゲンスキルが全体的にCDが長い……というのもファルコナー部分に火力が欲しくなる理由の一つです。

悪くはないけれど、今はバレットマーカーやりたいし、武器の用意大変だし、改変まで眠っていそうです。

マスケティアビルド

専用武器のマスケットを使う単体特化のクラス

範囲化するスキルも一応あるけれど、AOEの問題を解決しても当たり判定が狭すぎるため、リンカーやクリオマンサーなど集敵クラスの介護を強く必要とする。やっぱり基本は単体処理が仕事。

単発高火力の「スナイプ」が代名詞的なスキルですが、実際は「カバーリングファイア」や「ヴォーレファイア」などモーションが短く当てやすいスキルの方が使いやすく攻撃力の倍率も悪くない感じです。

マスケティアスキルでほぼ回せてしまうため、武器はマスケットに一本化してしまえます。

というか、追加された「スナイパーズセレニティ」というバフがマスケットから武器を持ち変えると効果が切れるので注意。

改変を控えており、ランニングマンの就職先候補として有力。

アーチャーC2クォレルシューターC3スカウトC1マスケティアC3

範囲スキルがほぼないので、ソロ狩りがやや辛いのは相変わらず。スカウトC1で少しでもクエスト育成を楽にしようという考えです。

サッパーを入れて範囲火力を補完する考えもあったのですが、結局対空がきつくなるので単体特化と諦めました。クォレル入れたいですしね。

R9アップデートでの大きな変更点はC3スキルの「スナイパーズセレニティ」。

チャージ2秒のあと、全く動けない変わりに最小攻撃力=最大攻撃力にするというユニークなスキルですが、かなり癖もあります。が、非常に強いです。

アーチャースキルのニーリングショット中にも使用可能という点から、ランニングショットと合わせるスキルとして開発は考えているのだと思います。

現状、ランニングショットが常時使用可能ではないので、セレニティとランニングの両方のCDを合わせるのがちょっと大変。

また、マスケティアスキルのスキル硬直が長いのも相変わらず。

今後、マスケティアの大改変が待っているので、それに強く期待したいです。

改変来ても単体特化マンなのは変わらないと思いますけどね!

本当はシュヴァやハッカペル、キャノニア辺りもやってみたかったのですが、ソサネクにはまってしまってあまりアーチャー系列に時間が割けませんでした。

マスケティアの大改変が控えていてクォレルとの相性も良くなるらしいので、元マスケ使いとしては楽しみです。

ソサネクについてはR9になったので、また別の記事で使用感などについて触れてみます。

今ってすぐレベル上がりますね~。

(筆者:け)

スポンサーリンク