【食レポ】見た目がやばい。クリスプチョコミント

暑いときは口の中だけでもすーっとしましょう。チョコミン党のみかるくです。

今回はちょっと変わった(?)チョコミント系チョコのコーナー。

ミントの時点で変化球なのに、そこからさらにチャレンジを入れてくる勇者をレビューします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チョコっと変わったチョコミント系チョコ

見た目部門

 

・クリスプチョコミント(セブンプレミアム)

個人的なミント感:★☆☆☆☆

これ、パッケージだけだと至って普通なんですが「見た目がやばい」として、一時期ツイッターを席巻した商品でしたね。

どんなビジュアルかというと……

 

呪われそう。

写輪眼なのか? 圧がすごいです。しかも、この見た目でちょっとしたフリスビーくらいの大きさしてます。ものすごい重圧。

ツイッターで拡散されていた画像は暗めの部屋で撮ったのか、より色味が緑っぽく写っており「大麻?」などと恐れられていました。

セブンペイよりも、こっちを取り締まらないとやばいかもしれません。

 

肝心のお味

 

パッケージから出した途端に「これはインスタよりもツイッターの俗人に映えるやつだな、わかるわかる」などと納得してしまいましたが、重要なのは見た目より味!

豪快なビジュアルに反して、ピザみたいに切れ込みが入ってるので、パキパキ割って食べやすいサイズにすることができます。

フリスビーサイズのマリファナに、ワイルドにかぶり付く訳ではありません。

 

そして、見た目ばかりがいじられている通り、味は普通においしい。本当に問題なくおいしい。

コーンフレーク(?)にチョコがたっぷり絡めてあるという感じで、カリカリとした歯応えが後を引きます。

私は冷凍庫でキンキンに冷やしてから食べたんですが、やっぱりミント系チョコは冷やして食べると味わいが格別です。

そこへフレークが加わったら、おいしくない訳がない。

見た目の重圧はやばいですが、軽やかなチョコフレークです。さくさく。

 

ミントは控えめ

 

個人的なミント感:★☆☆☆☆」と書いた通り、ミントチョコよりもフレークが際立って感じます。

というか、ミントチョコ自体のミントが意外にも慎ましいです。

すーっとしないし、ミントの自己主張たる苦味もない。ミント初心者にもおすすめしやすい、食べやすさです。

ただ「チョコミント」というよりは「ミント味のチョコのフレーク」って感じなので、王道の味ではない気がしますね……。

「いきなり王道チョコミントは怖いから、まずは限りなくチョコミント感の少ないミント系の何かに挑戦したい」みたいなニッチな需要に対しては、絶妙にいい感じのお味かもしれません。是非どうぞ。

 

コメント