【料理日記】クリスマスだ。本物の飯テロを見よ。

「真面目に料理すれば上手いのに」が座右の銘です、みかるくです。

お待たせしました。みかるくッキングのお時間がやって参りました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

突然の料理記録

 

しれっとスタートしましたが、誰も待ってない上に、料理について日記書くのは初です。

 

何はともあれ、街はクリスマスでにぎわっている時期。

キリストの復活だか生誕だか忘れましたが、せっかくのシーズンですし、経済効果の一員に加わってみるのも悪くないと思うんですよね。

じゃあ、なんかそれっぽいことでもするか、とスーパーをうろうろしたところ……

買ってきたのがこちら。

 

 

 

 

安売りされていた丸鶏。

 

こいつを見かけてしまったからには、ローストチキン的な、照り焼きっぽいなんかを作りたい!

とりあえず、にわとり丸ごと調理したらそれっぽい気がする!

浅はかな思い付きが見え透いています。しかし、こんな大袈裟な鶏肉を買ったのは生まれて初めてで、テンション爆上げでございます。

我が家にオーブンはありませんが、なんかそれっぽいものを作ることにしました。

 

だいぶアバウトなレシピ

 

作るもの:ローストチキンっぽい、照り焼きっぽい何か。

使うもの:圧力鍋、フライパン。

圧力鍋がなくても、底の深い鍋があればできそうです。

 

材料

・丸鶏(中抜き) ・たまねぎ(1個) ・にんにく

 

調味料

下ごしらえ用(やらなくてもOK)————————-

・塩(大さじ2~3) ・こしょう ・オリーブオイル

———————————————————————

・固形コンソメ(2個) ・しょうゆ ・みりん ・水

・市販のソース (大さじ1) ・バター ・油

 

分量の表記がないものは、お好みでの量調節がおすすめです。

というか、適当に作ったので分量覚えてないです。

 

(やらなくてもいい)下ごしらえ

 

①丸鶏を水洗いして、塩、こしょう、オリーブオイルを塗り込む。

②1晩寝かせる。

あってないような行程な気もするんですが。

臓器が抜いてあるとはいえ、中からそこそこ血が滲んでくるのが気になりました。値引きの肉だから、若干古めだったのかな……?

とりあえず、塩コショウ&オリーブオイルで下味を付けつつ、臭みを消すという作戦です。

 

この行程で、塩を塗りながら皿の上に座らせてみたり、前脚(?)を掴んでバンザイさせてみたり、とぬいぐるみのように愛でるのも自由です。

だんだん肉塊に愛着が湧いてきます。料理の決め手は愛です。

 

いざ調理へ

③たまねぎ、にんにくを切る。適当に切る。

④圧力鍋に丸鶏、にんにく、たまねぎをぶち込む。

⑤しょうゆ、みりん(ボトルを傾けて、素早く鍋1周分くらい)、固形コンソメ1個、水を入れる。

丸鶏「…………」

 

水が少なすぎると焦げやすいですが。多すぎるとつゆだくになってしまう。焦げ防止くらいの気持ちで量を調節しましょう。

まあ、丸鶏からも肉汁が出たり、たまねぎも溶けて水分になる気がするので適当です。

 

⑥軽く蓋をして、強火で煮る。2分くらいで丸鶏を引っくり返す。

何となく、まんべんなく色を付けたいからです。やらなくてもいいです。

 

⑦きちんと蓋をする。強火で煮込んで圧力鍋のピンが立ったら、中火くらいに変更。30分くらい煮る。くらい。

 

ここまでやれば、どでかい丸鶏にも火が通っているはず。多分。

「鶏肉の煮込みスープ的な何か」なら既に完成段階……なんですが! 私が作りたいのは「クリスマスっぽいローストチキンっぽい照り焼きのような何か」である。

要するに、茶色い・香ばしい・デカイ鶏肉を作りたい。

ということで、ここからさらに焼き目とか、色とかを付けます。

 

フライパンのターン

 

⑧フライパンに油を引いて、固形コンソメ1個、ソース、しょうゆ、バターを混ぜながら溶かす。中火くらいで、焦がさないように注意。

煮込んだ時点で多少の味が付いてるはずなので、ソース、しょうゆは、香りと色付け目的くらいの量でOKな気がする。

濃いめの味がお好みなら、多めに入れます。

 

⑨ ⑦をフライパンに投入。※

⑩ソースとかがじゅわじゅわ泡立って粘ってきたら、丸鶏を引っくり返す。

フライパン周りのソースとかを丸鶏にぶっかけながら、何となく色を付けます。

 

※ちなみに⑤で水を入れすぎたり、煮込んだら肉汁が出まくってしまったりで、⑦の水分量が多い場合は、丸鶏だけを取り出してフライパンに移しましょう。

全部そのままフライパンに移しても、丸鶏に焼き色が付きません。

水気が減るまで煮込むのが大変そうです。

まあ、入れすぎたらそれはそれ。鶏ダシが出ていて大変おいしそうなので、丸鶏を抜いて別の料理に使うか、スープとして頂きましょう。

 

完成だZO!

 

うぉおおおおっちょっと茶色くて香ばしいデカイ鶏肉ができたぞ!

さっそくお皿に、なんかこう、クリスマスっぽく盛り付けを……あれ?

 

 

 

カニなのか?

 

にわとりを調理していたら、海産物になっていました。

正確に言うと、盛り付ける段階で四肢がもげてしまい、どんな感じでくっついていたか忘れました。

ぬいぐるみのように愛でられたのに、腕をもがれ、原型すら忘れ去られた丸鶏。

 

しかし、肉は大変やわらかく焼けています。

ああでもないこうでもない、とか言って動かしていると身が崩れて、カニですらなくなってしまいかねません。

やむを得ず、このまま強行することにしました。

 

地獄の付け合わせ

 

というか、冷静に考えるとお皿小さいのでは?

どう考えても家にある皿を過信していた私のミスなんですが チキンを受け止めるだけで精一杯になっている、この器の小ささよ。

 

お前、そんなことでは日本のクリスマスは乗り切れないぞ。

「甘ったれていると社会でやっていけないんだぞ」と言わんばかりに、とりあえず、同時進行で作っていた付け合わせを添えてみることにしました。

付け合わせは、ホウレンソウとエノキタケのバターソテーです。うん、おいしそうでは?

 

うんうん、お皿の容量に限界があるなら、丸鶏の中に入れればいいのである。

ターキーの中に具が入ってるとか、よくあるじゃないですか。それっぽいじゃないですか。あれ? そうだよね?

と自問自答をしながら、粛々とホウレンソウとエノキタケを皿に盛りました。

 

できました。

 

 

丸鶏「…シテ………コロシテ……」

 

 

味はカンペキだなあ!

 

既に死んでいるはずの丸鶏から、死を懇願された気がしましたが、知ったことではありません。

これこそが、モノホンの飯テロ画像です。要するにテロです。

かろうじてグロではないつもり

 

鍋で煮込むことで、中からほろほろのやわらか肉に。

さらにフライパンで焼きながら、外皮に濃い味を付けることにより、香ばしさが絶妙でした。

付け合わせのシンプルな味付けにも、ミラクルマッチです。

 

クリスマスっぽいローストチキンっぽい照り焼きのような何か、大成功☆彡

やったね!

 

そんなこんなで。

本当に味だけはとてもよかった。

丸鶏からカニへ、そしてクリーチャーへと変貌を遂げた、みかるくッキングでした。

 

コメント